間近からの心無い痛烈一言で傷つくことは、ビューティーへの近道と作戦

あなたは何か引け目をお持ちですか?

我々は自分の容姿が大嫌いでした。そのせいで、考えも暗くなっていました。
明るく振る舞えずに、身の回りを定めるのにもプライドが全く持てずにいました。
何か傷つくことをおっしゃるのではないか?とおびえていました。
傷つく声明を言われないように遠退けながら少な目にお客様と関わってきました。
そうしながらも、お客様と関わらずには居れないので関わっていっているうちに案の定傷付く声明を言われました。

「ブス」「メタボ」

こういう声明は良く言われてたからそろそろ慣れたかな?としていたけどやはり言われるとびっくりでした。
どんどん醜い自分が嫌いになっていきました。
高校になるとスタイル本を見極める機会がありました。
身の回りが見ていたギャル本。
すごい可愛いカテゴリー様たちがスタイリッシュして明るくニコニコしていました。
可愛くて嬉しい。って思ってWEBをめくっていたら、
メークアップの特集のところに「すっぴんディスクロージャー」のWEBが…
どうせ可愛いから見せられるんでしょ?と思いながら見ていくと、
互い一丸特別なキレイでは無かったりもしていました。普通の顔付きのカテゴリー様を見たら、
引け目はトライで変えられる?と思いそこからビューティーへの検証をするようになりました。

服装を変えて、ヘアースタイルを変えて、メークアップを研究して・・・

そうしていくうちにメンタリティが明るくなって行ってオシャレな身の回りも出来るようになったら自分も並みに明るく振る舞えるようになりました。

引け目があって酷いことを言われている方たちは綺麗になる転機を持っているのです。
傷ついたぶん、なにかトライで変えられることがあります。

導因さえ掴めれば傷つけられたことが刺激になりバネとして、努力する力になるのです。
美容に関して諦めているお客様に知ってもらいたいのは引け目はトライでやわらげられます。
誰でも綺麗になる力を持っています。
なので諦めないで自分の予報を信じて欲しいだ。桃はシースリーで脱毛しているらしい

間近からの心無い痛烈一言で傷つくことは、ビューティーへの近道と作戦