暑い季節の美スキンケア!この夏の肌ケアの失敗談だ。

前年の秋に、あまりの素肌の量付きに、テクスチュア固めの某有名クリームを、、いやいやもともとがみみっちい資質のわたし、それに通じるという噂の、近所のスーパーマーケットで購入できるニベアクリームによることにしました。

その賜物か?すっかり、量付きは決別できて、大満足。お肌が保水力を有するのか?それともクリームによって潤いの蒸発を防げているのか?じつは、よくわかりませんが、実際、毛孔も小さくなってきた気がします。これは金額もかからないし、試して良かった!ときめき!と続けていました、この夏も。しかし、梅雨明けくらいから、いや梅雨のただ中くらいからでしょうか。出来物がぽつぽつ。

縁栓も目立ってきてしまいました。若い頃なら面皰もできるでしょうけれど、あんなオトナになってから、そんなに出来物なんてあんまりできていませんでしたし、それもけっこう表情の皮脂分泌がさかんな鼻や額を中心に複数に出来てきちゃって、本当にあせりめくりだ。

それで、スキンケアを見直して見ることに。ニベアクリームをちょっとやめて見ることにしたのです。すると、アラ、治ってきました。どうやら毛孔をふさいでしまい、皮脂分泌の盛んなことで毛孔が詰まってしまっていたのですね。

夏は冬場と違い、紫外線クリームも毎朝しっかり塗っていますから、過剰になってしまっていたのかもしれません。夏場と冬場では、スキンケアを変えなくてはいけないんだ!と実感したのでした。興味のある方はどうぞ

暑い季節の美スキンケア!この夏の肌ケアの失敗談だ。